コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

建武の徳政 けんむのとくせい

1件 の用語解説(建武の徳政の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

けんむのとくせい【建武の徳政】

1334年(建武1)5月発布された建武政府の徳政令。現在知られているのは次の2ヵ条。(1)借銭,本銭返し年季売などは,現時点で決済し,利息や収穫物などによる返済が元金の半額を超していれば,質物の田畠はもちろん,超過支払分も本主に返還,(2)承久年間以後の売却地は,たとえ買得人が鎌倉幕府の安堵状を得ていても,買主が敵方について滅亡した分は本主に返還,買主が味方につき軍忠がある場合は,ケースによって買主側に安堵,元弘1年(1331)以後の売買分は全て返還。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

建武の徳政の関連キーワード恩賞方建武以来追加建武年間記建武年中行事建武建武の中興竹下の戦い熱田大宮司親昌厚東武実真恵

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone