コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

建武の徳政 けんむのとくせい

世界大百科事典 第2版の解説

けんむのとくせい【建武の徳政】

1334年(建武1)5月発布された建武政府の徳政令。現在知られているのは次の2ヵ条。(1)借銭本銭返し年季売などは,現時点で決済し,利息や収穫物などによる返済が元金の半額を超していれば,質物田畠はもちろん,超過支払分も本主に返還,(2)承久年間以後の売却地は,たとえ買得人が鎌倉幕府の安堵状を得ていても,買主が敵方について滅亡した分は本主に返還,買主が味方につき軍忠がある場合は,ケースによって買主側に安堵,元弘1年(1331)以後の売買分は全て返還。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

建武の徳政の関連キーワード建武ヨハネス大仏高直長崎高貞建武林城アビニョン教皇庁元弘建武年中行事ジョットの鐘楼

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android