コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

年季売 ねんきうり

世界大百科事典 第2版の解説

ねんきうり【年季売】

中世の売買契約の一形態。対象物件(主として土地)を一定期間売却し,代価をうけとり,契約期間終了後売主の手に戻る有期売買契約。契約期間は,短期間で3年3作,長期では50年50作と多様であるが,20年20作,10年10作の契約期間のものが比較的多くみられる。この年季売は,契約期間中の土地からの収益が,売却代金プラス利息の合計にみあう形をとった売買契約といえる。中世の売買形態には,今日の売却に相当する永代売のほか,売主が売却の代価を買主に支払って買い戻すことを特約した売買である本銭返しと年季売が主たる形態として存在した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

年季売
ねんきうり

中世・近世における田畠(でんぱた)などの期限付き売買。年紀(ねんき)売、年作(ねんさく)売ともいう。武士、社寺、農民、商工業者などが経済的に困窮した際、金銭を得るため一時的に所有地を手放した売買の一形態。売買にあたっては、5年、10年など一定の年限を定めて売却し、年限がくると自動的に売り主に土地が返却された。売買の内容は、田畠の用益権や収益権の期限付き売買で、買い主は契約期間中の収穫や収益をもって、支払代金や利息相当分に充当した。室町幕府は、本銭(物)返(がえし)地、質券地などと同様、年季売地にも徳政令を適用し、契約期限前に売り主に返却させることもあった。
 近世には、約束の年限に代価を買い主に返却したとき、土地が売り主に取り戻される本銭(物)返の売買と混同されるようになった。[佐々木銀弥]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の年季売の言及

【売券】より

…また中世においてしばしば行われた土地の分割売買で,手継証文を買主に渡しえないときには,売主は手継証文の一部に,分割の旨を記入する方法をとる場合が少なくなかった。 中世で売券の一種とみられたものに,本銭返し(ほんせんがえし)売券と年季売券がある。前者は売却後,随時または特定期日以内あるいは以後に,売主が売価と同額の米・銭を買主に支払えば,土地は売主に返還されるという契約である。…

【本銭返し】より

…(2)一定期間経過後に代価を支払って買い戻すことができることを契約した年季明(ねんきあけ)請戻特約。これは年季売に似ているが,代価を支払って買い戻す必要がある点で年季売と区別される。(3)契約した一定期間内に売主が買戻権を行使しなければ,その物件は自動的に買主の所有に帰し,売主の買戻権は消滅することを契約した年季明流特約。…

※「年季売」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

年季売の関連キーワード建武の徳政永代売り質物奉公賃租質地身請

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android