コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

本銭返し ホンセンガエシ

4件 の用語解説(本銭返しの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ほんせん‐がえし〔‐がへし〕【本銭返し】

中世から近世にかけて行われた、買い戻し権留保付き不動産売買。一定年期の条件がつく場合も含めて、いったん売った不動産を買い戻すことができた。本物(ほんもつ)返し。本銀返し。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

本銭返し【ほんせんがえし】

本銀返しとも。中世に行われた,買戻約款付(やっかんつき)の不動産の売買。いったん売った土地でも代価の銭を返せばいつでも取り戻せる場合,一定期間後に買い戻せる場合などがあった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ほんせんがえし【本銭返し】

日本の中世における不動産売買の一形態。売却の代価(本銭)を買主に支払って買い戻すことができるという特約付売却で,代価が銭貨の場合を本銭返し,米穀のときを本物(ほんもの)返しという。この本銭返しは,売券(ばいけん)に付されている特約文言により次の4種に分けられる。(1)買戻しの時期を定めず,売主がいつでも本銭をもって買い戻すことを契約した無年季有合(ありあい)次第請戻(うけもどし)特約。これは当時〈有合に売る〉とも表現され,売却人の買戻権は原則上は永久的性質をもち,相続人に移転するものであった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ほんせんがえし【本銭返し】

中世から近世に行われた条件付き売買契約の一種。売却代価の返済により売主は売却物権を回復することができるもの。本物ほんもつ返し。本米返し。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の本銭返しの言及

【買戻し】より

…こういう際には,貸し手が物を買い取る形で実質上の融資を行い,返済されないときは,競売といったやっかいな公的手続を経ないで物を確定的に貸し手の所有とし,また,返済によって売り手が担保物件を取り戻すときは,売買契約の解除という方法による。これが買戻しの経済的作用であり,日本では中世以来,本銭返し,本物返しの名のもとで,質入れとならんで行われてきた。現在の法律にも規定が設けられている(579条以下)。…

【年季売】より

…この年季売は,契約期間中の土地からの収益が,売却代金プラス利息の合計にみあう形をとった売買契約といえる。中世の売買形態には,今日の売却に相当する永代売のほか,売主が売却の代価を買主に支払って買い戻すことを特約した売買である本銭返しと年季売が主たる形態として存在した。年季売,本銭返しは東北,関東,九州などの地方に特徴的に多く,これらの地方では永代売より一般的な形態として存在した。…

【売券】より

…また中世においてしばしば行われた土地の分割売買で,手継証文を買主に渡しえないときには,売主は手継証文の一部に,分割の旨を記入する方法をとる場合が少なくなかった。 中世で売券の一種とみられたものに,本銭返し(ほんせんがえし)売券と年季売券がある。前者は売却後,随時または特定期日以内あるいは以後に,売主が売価と同額の米・銭を買主に支払えば,土地は売主に返還されるという契約である。…

※「本銭返し」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone