コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

 ゆみ bow

翻訳|bow

15件 の用語解説(弓の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説


ゆみ
bow

木,竹,金属などの弾性を活用し,これに弦を張って矢を飛ばす武器,狩猟具。歴史は古く後期旧石器時代に始り,鉄砲の発明により衰えたが,近代的技術に依存しないで生活する社会では主要武器として使用されることが多い。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。


ゆみ
bow

擦弦楽器の弦に振動を与える器具。強く,軽くしかも柔軟な木製の棒で,弓形にそっていて両端に馬の尾毛の束を張り渡してある。現在使われているものは長い改良期間を経て,18世紀末にフランスの F.トゥルトによって作られたもの。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

きゅう【弓】

ゆみ。
中国古代の長さの単位。
㋐弓術で的までの距離をはかる単位。1弓は6尺。
㋑土地の測量の単位。1弓は8尺。

きゅう【弓】[漢字項目]

[音]キュウ(漢) [訓]ゆみ
学習漢字]2年
〈キュウ〉
ゆみ。「弓術弓状弓道強弓(ごうきゅう)大弓半弓洋弓
弓の形をしたもの。「胡弓(こきゅう)
〈ゆみ〉「弓矢石弓真弓破魔弓
[名のり]ゆ
[難読]弓場(ゆば)弓筈(ゆはず・ゆみはず)弓勢(ゆんぜい)弓手(ゆんで)

ゆ【弓】

ゆみ。多く、他の語の上に付けて用いる。「末(ずえ)」「弦(づる)」「弭(はず)」

ゆみ【弓】

武器の一。木や竹をしなわせて弦(つる)を張り、その弾力を利用して、つがえた矢を飛ばすもの。
1で矢を射ること。また、その術。射術。弓術。「を習う」
1のように曲がった形のものにいう。「提灯(ちょうちん)の
バイオリンチェロ胡弓(こきゅう)など、擦弦楽器の弦をこすって音を出す道具。弾力のある木製の棒に馬の尾の毛を張ったもの。
わたゆみ」に同じ。
紋所の名。1を図案化したもの。
[下接語]梓(あずさ)弓石弓馬弓大弓徒(かち)弓桑弓小弓白巻(しらまき)弓唐(とう)弓・塗り弓・賭(のり)弓破魔弓張り弓節巻きの弓的弓真巻(ままき)弓真弓丸木弓綿打ち弓綿弓

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

弓【ゆみ】

(1)木や竹などに弦をかけ,その弾力を利用してを射る武器。広く世界に分布し,起源は中石器時代にさかのぼる。日本では縄文(じょうもん)時代に,漆(うるし)で固めた複合弓と丸木弓の使用が認められる。
→関連項目

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

栄養・生化学辞典の解説

 弓の形をしたものをいう解剖用語.大動脈弓(arch of aorta)というように使う.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ゆみ【弓】

古くから戦闘ならびに狩猟用として盛んに使われた武器で,長短二つの系統があり西アジア方面の乾燥地では短弓,東アジアの湿潤地では長弓が用いられた土地が多い。また,丸木のままの弾力性ある樹幹を使用したものと,竹と木をはぎ合わせて糸や籐(とう)で巻き締め,漆などで塗った構造のものとがあり,後者の方が強靱で矢が遠方に飛ぶ。中国東部の民族が東夷と呼ばれたのも大きい弓を用いたからで,大弓を一字に合わせた文字が〈夷〉である。

ゆみ【弓 bow】

戦闘・狩猟などに用いる弓に似た音楽用具が二通りある。(1)弓自体を楽器とする場合 つまり弦が発する音を利用するもので,楽弓musical bow,弓琴(きゆうきん)などの総称語がある。実例としてしばしば挙げられてきたのは,アフリカ南アメリカなどのものであるが,他の地域にも散在する。ヨーロッパでも一部で用いられたし,日本の梓巫女あずさみこ)が用いる梓弓も楽弓の一種といえる。ただし,楽弓がほんとうに飛道具の転用に発したのか,逆に楽器が先立ったか,両者別源で形が似たのか,説が分かれている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

きゅう【弓】

ゆみ。
中国古代の単位。
的までの距離を測るのに用いた。六尺をいう。
田地を測るのに用いた。八尺をいう。

たらし【弓】

〔「執らし」の転。手にお持ちになるものの意〕
貴人の持つ弓。 「御おん-」 「御-」

ゆ【弓】

ゆみ。他の語と複合して用いる。 「 -がけ」 「 -はず」 「 -づか」 「 -づる」

ゆみ【弓】

矢をつがえて射る武器。木、あるいは木と竹をはぎ合わせたものを撓たわめ、それに弦つるを張って作ったもの。
で矢を射ること。また、そのわざ。弓術。 「右近の馬場に、五月六日-行ひけるに/今昔 24
弓のように湾曲した形のもの。
家紋の一。を図案化したもの。矢を添えるものもある。
バイオリン・チェロ・胡弓こきゆうなど擦弦さつげん楽器を奏するための道具。細長い棒に馬の尾の毛などを張り、これで楽器の弦をこすって音を出すもの。ボーゲン。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説


ゆみ

弾力性のある木・竹などに弦(つる)を張り、その弾力を利用してつがえられている矢を飛ばす武器の一種。日本の弓の起源についてははっきりしたことはわからないが、少なくとも縄文時代以前にはすでにあったことが知られている。弓はその形状、構造から単材弓・合成弓、長弓・短弓、直弓・彎弓(わんきゅう)、広把(こうは)・狭把(きょうは)などに分類することができる。日本で発掘される縄文時代の弓はいずれも1.2~1.6メートルくらい、また弥生(やよい)時代のものは2.0~2.3メートルくらいのものであり、時代が下るにしたがい長弓の傾向を示す。このころの弓材はイヌガヤ、イヌマキ、クワなどの単材を削った丸木弓の直弓である。これらの弓には白木のままのものと、樹皮を巻きその上を朱または黒漆塗りのものがあり、弥生時代の弓はこれに加うるに腹側(内側)に樋(ひ)を通し、たわみを調整し、破損防止のくふうが施されており、弭(ゆはず)の形もさまざまである。
 古墳時代になると、弭に銅、金、銀など金属をつけた儀仗(ぎじょう)用と思われる弓が発見されている。正倉院には現在27張りの弓が保存されているが、それらをみると材質はアズサ、ケヤキ材で長さはさまざまであるが、7尺2寸(2.18メートル)くらいのものがもっとも多い。現代の日本弓が7尺3寸(2.21メートル)であることを考えれば、このころより日本の弓は長弓の傾向を示し定着したといえる。
 平安時代中期ごろになり、それまでの丸木削弓の外側に竹を張り付けた半彎弓で木竹合成の「伏竹弓(ふせだけゆみ)」が考案された。「継木弓(ままきゆみ)」ともいう。木・竹の接着剤として鰾(にべ)(上質の膠(にかわ))が用いられたが、雨露に弱く軍用にはあまり用いられなかった。さらに平安時代末期から鎌倉時代初期にかけて、弓の腹側にも竹を張り付けた「三枚打(弓)」がつくられた。
 室町時代になると、弓の両側面にも竹を張り付け、木を芯(しん)とした「四方竹(弓)」が発明され、江戸時代に入る以前までに、芯に3~5枚のひごを通し、内・外を竹で挟み両側面を木(櫨(はぜ))とした「ひご入り弓」が考え出され、強力な反発力を発揮させるために、独特の形(なり)(勢=曲線)をもつ弓が考え出された。この構造は以後今日に至るまで踏襲されている。
 日本の弓は、比較的入手容易な木と竹をうまく組み合わせ、握り部を全長の3分の2下に置き破損しにくく、しかも強い反発力をもたせるようくふうが凝らされ、力学的にみても改良の余地のないほど合理的な構造となっている。その形は諸外国のものにみられない美しい曲線を描いている。
 日本の弓の種類は、その使用目的によりさまざまある。まず、およそ2メートル以上の実用を主とする大弓には、的弓(まとゆみ)、指矢弓(さしやゆみ)、軍弓などがある。外装として破損防止(とくに雨露に対し)を目的とし、のちには装飾をも兼ねた漆塗り弓(全面漆塗りとした弓や、側面だけ塗った弓=側黒(そばぐろ)・側赤(そばあか)など)、原始時代樹皮を巻き強化したことから発展した籐(とう)巻きの弓がある。この籐巻きの弓は籐を重(しげ)く巻くの意から重籐(しげどう)弓とよばれ、その巻き様、位置、幅、間隔などの相違により「本(もと)重籐」「二所(ふたところ)重籐」「三所(みところ)重籐」「節籠(ふしごめ)重籐」など二十数種類もの重籐弓がある。重籐弓は平安時代中期ごろから盛んに実戦に用いられたが、室町時代以降は大将の象徴となった。また儀仗用としては沃懸地(いかけじ)(金泥(きんでい)塗り)蒔絵(まきえ)や黒漆塗り蒔絵を施した美しい装飾弓もある。
 そのほか半弓の類として、クジラのひげ材でつくり、駕籠(かご)の中から敵を防ぎ射る駕籠半弓や枕元(まくらもと)に備える枕半弓、二つ折りにできる携帯用の旅半弓などがある。また弓は古くから雀小弓(すずめこゆみ)、楊弓(ようきゅう)、破魔弓(はまゆみ)などと称し、玩具(がんぐ)として公家(くげ)、武家、民間を問わず用いられた。これらは3尺内外の小弓である。
 弓は弓幹(きゅうかん)に弦を張って初めてその機能を発揮する。弦は古くはツタやその類の自然のつるが用いられたと考えられる。現存する最古の弦としては正倉院宝物にその断片が残されている。これは麻を片捻(かたひね)りにしたもので、以後今日まで弦材として麻以外に求めたことはない(現今では合成繊維の弦がある)。弦の製作順序は、紡いだ麻を縒(よ)り、差し、水に浸したのち丸竹に張り水抜きをし、さらに薬練(くすね)を十分に塗り込み乾燥させるのである。これを白弦(しらづる)という。軍陣などでは雨露を防ぐため塗り弦(漆塗り)が用いられた。弦を上下の弭にかけるためにつくる輪を上関(うわぜき)・下関(したぜき)という。さらに矢をつがえる場所に筈(はず)の安定を図り、弦を補強するため中仕掛(なかじかけ)(中関)をつくる。なお軍陣では、いつも一定の位置に矢がつがえられるよう、中仕掛の上部に小さなこぶ状のものをつくる。これを露(つゆ)(探り)とよぶ。
 弓は鉄砲が伝来するまで武器の中心的位置を占め、その威力から神器・聖器として古くから信仰と結び付き、今日に至るまで日本人の生活に深く溶け込んでいる。[入江康平]

世界各地の弓

弓矢は後期旧石器時代にさかのぼる歴史をもつが、エネルギーを集中する方法として画期的な発明であった。命中率も投げ槍(やり)より高くなり、また矢は軽く、携行にも便利であるため、小形動物がおもな獲物の対象となった中石器時代に飛躍的に広まった。
 弓は広く世界に分布している飛び道具だが、オーストラリア・アボリジニーやかつてのタスマニア先住民のようにこれをまったくもたない民族もある。長さによって長弓と短弓の別があり、また構造によって単弓、複合弓と組合せ弓に区別することもできる。単弓はヤシ、タケ、イチイなどの木か、角(つの)かまたは枝角の弾力性のある一要素からなる弓である。弓の端は薄く、ここに穴をあけるか、刻み目をつけるかして弦(つる)を張る。弦の材質には、皮革、毛、腱(けん)、トウ、木の繊維などが用いられる。長さは材質と張力との相関関係に負うところが大きく、アフリカのサン人の弓のように1メートル以下のものから、マレー半島のセマンの人々やアンダマン島民の2メートルを超すものまである。フィリピン、アッサム、ミャンマーなどのアジア地域のほか、オセアニア、南・北アメリカ、アフリカに広がる。
 複合弓は、いくつかの短い材をつなぎ合わせてつくる。これは、流木、角、枝角に頼らざるをえないような木の乏しい地域で材料の制限を克服するために編み出されたと考えられている。
 単弓を紐(ひも)などで巻いたり腱で裏打ちして抵抗力や弾力を強めたものを組合せ弓と称する。組合せ弓は、西南、中央および北アジアから北米北西海岸、東南ヨーロッパで知られる。動物の腱を弓体の外側の凸形の面に張るか縛るかするくふうであるが、これにより、弦が緩んだときには、弓体が逆に反るほどの抵抗力がつく。シベリアの遊牧民、狩猟民の弓は複雑を極め、腱の裏打ちをもつばかりか、角の断片を弓体の内側の凹面に取り付けてある。またイヌイットや若干のアメリカ平原先住民のもつ腱張り弓のように、1本が複合弓かつ組合せ弓でもある場合がある。ペルシアやトルコでも、木、角、腱、骨の薄板を何枚も張り合わせ、強度の弾性をもちながら、かつ軽い弓をつくりだした。とくにトルコの騎乗者用の弓は、中世後期にトルコが軍事的大成功を収めた立役者といっても差し支えない。
 弓は戦闘、狩猟の結果を左右する道具としてていねいに扱われてきた。モンゴルでは、使い始めのときに賛美のことばを投げかけ、供物を献じ、さらに持ち主の死に際して、右手のそばに置かれて墓に葬られることすらあった。アマゾンの先住民デサナの人々が、弓を男性を象徴する道具として、女性や妊娠・月経期間中の妻をもつ男が触れるのを禁止しているのも、それが猟の幸運を逸すと信じているからである。しかし、こうした弓矢も鉄砲の発明と普及で、猟具、武具としての地位を失い、しだいに姿を消しつつある。[関 雄二]

弓の技術史

弓の原理は、現代人からみるときわめて簡単に思われる。そのためもあってか、弓の発明は相当に古い時代になされたと考えられがちであるが、実際はそうではない。クロマニョン人が弓を使ったという証拠はないし、今後もおそらくみつからないであろう。なぜなら、彼らは弓を使っていなかったと考えられる間接的な証拠があるからである。その証拠とは、投槍(とうそう)器とよばれ、弓に比べて扱いのむずかしい飛び道具で、これは鉤(かぎ)のついた数十センチメートルほどの長さの棒で、鉤の部分で槍(やり)の尻(しり)を押しながら棒を振ることで槍を飛ばす。投槍器で的に命中させるには厳しい訓練が要求され、しかも弓のようには命中せず、道具としてはけっして便利なものとはいえないが、彼らはこれを使っていた。
 ところで、弓の発明される以前にオーストラリア大陸に渡った古代人類は、その投槍器とブーメランとを携行して渡ったと考えられる。彼らはそこでそれらの道具を発達させつつ、その後も弓をもった文化圏との接触もなく、少数民族としての生活を保持し続けた。オーストラリア先住民は弓をもたず、投槍器とブーメランとによって魚や鳥を狩猟していた。そうした例をみても、人類がオーストラリアに渡った時代には弓はまだ普及していなかったことがわかる。また、世界各地に残っている古代人たちの壁画などをみても、弓が絵に登場してくるのは1万年ほど以前かそれ以降である。
 弓を分解すると、それは弾力をもった竿(さお)とじょうぶな弦(つる)とから成り立っている。竿の部分は木製か竹製であるが、人類が木や竹の弾性に気づいたのは、おそらくはるかに古い時代であろう。また人類と弦とのつきあいも非常に古いと思われる。この人類が古くから知っていた二つを結合して一つの道具である弓を発明したのは、人類の歴史からすればごく最近のことである。このようにすでに知り尽くしている道具どうしを組み合わせて新しい道具をつくることは、古代人にとっては案外むずかしいことであったらしい。
 しかし、弓が発明されるとたちまちに伝播(でんぱ)していった。弓の伝わった地域では、より不便な投槍器やブーメランなどの道具は捨てられ、人々の記憶からも失われてしまった。前述のオーストラリアの場合、弓が発明され普及し始めたころに地球最後の氷期も終わって、オーストラリア大陸は海に囲まれて孤立し、その後も弓を携行した人々が渡る機会がなかったものと推定される。
 弓が発明され普及されると、弓は本来の目的以外にも利用されていった。その代表的な例の一つが楽器である。弓の弦を弾(はじ)くと快い音がするが、それが源となって弦(げん)楽器ができたと考えられる。最初は弓をそのまま楽器に転用し、音の高低は弦の押さえ加減をかえて出したと思われる(アフリカの採集狩猟民サンのやり方がそれである)。その後、弓の竿の部分を太い胴にかえ、弦の数を増やしたり、胴の中を空洞にして音の反響を生み出したりした。琴やハープのように胴を大きくしたものと、三味線、琵琶(びわ)、バイオリン、マンドリン、ギターなどのように竿の一部分を残しつつ、別に胴を発達させたものがある。なおバイオリンは、4本の弦を張った本体そのものが弓であったとすると、弦を別の弓の弦で擦ることになり、その原形は二つの弓の弦どうしを擦り合わせて音を出したことにあるとも考えられる。
 また弓は、錐(きり)にも応用された。「弓錐(ゆみきり)」がそれである。錐の柄(え)に弓の弦を巻き付けて弓を前後に往復させて錐を回転させる道具である。手で柄を回転させるのに比べて強い力が得られるところから、大型船の船大工が多く使用したらしい。また弓錐は、火をおこすための発火具にも応用された。[岩城正夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のの言及

【弓道】より

…弓で矢を射る術の修練を通して心身の鍛錬を狙いとする,日本の伝統的弓射文化の総称。古くは弓術,射術,射芸などと呼ばれた。…

【石鏃】より

…世界中の新石器時代以降の遺跡から出土する。弓の出現は矢柄の発見例からみて後期旧石器時代最終末ごろであるが,石鏃の出現がそこまでさかのぼるかどうかには諸説がある。石鏃は全世界的に両面から押圧剝離を加えた打製のものが一般的であるが,中国では新石器時代当初から磨製石鏃を用いている。…

【武器】より

…そのつぎの段階は,火薬の発明によってもたらされた。それまでにも,弓矢,吹矢や投げ槍などの〈飛道具〉があったが,銃砲はそれらの性能をはるかにしのぐ威力を発揮した。 武器の歴史のうえでもう一つ重要なのは,運搬手段の進歩である。…

【弓矢】より

…弓矢は,飛道具としては投槍につづいて発明されたもので,その起源は古く旧石器時代にまでさかのぼる。広く世界中に分布するが,オーストラリア,タスマニアの原住民のように,これをまったく知らなかった民族もある。…

【鍵】より

…今日,卍(まんじ)模様や雷文を鍵模様というのは,昔の鍵の切抜模様のなごりである。14世紀まではおもに青銅の鍵が使われ,鍵の頭部bow(輪孔)の飾りはたいてい三つ葉の形で,その中をくり抜いていろいろの形が描かれた。16世紀になるとこの頭部の飾りはいっそう精巧になり,動物その他の形が表され,17世紀のフランスには貴金属をつかって芸術的で優美な鍵を作る金工があらわれ,イギリスではチャールズ2世の時代,薄く平らにした鍵の頭部に手ぎわのよい打抜きで渦巻模様,組合せ文字,注文主の紋章などを表したものを作り,フランスに輸出し,フランスとイギリスの間で競争が行われたこともあった。…

【ボート】より

…クルーはかならず定員を乗せなければならない。エイトでは船首寄りから,バウbow(舳手bow),2~7番,ストロークstroke(整調)と呼ぶ。舵手(コックスcoxswain)は最後部または先頭部に位置し,全体のピッチに注意し号令をかけるとともに,舵の操作を受け持つ。…

【鳴弦】より

…弓に矢をつがえずに,弓弦(ゆづる)だけを引いて放し,ビュンと鳴らすことによって,妖魔(ようま)を驚かせ退散させる呪法。弦打(つるうち)ともいう。…

※「弓」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

弓の関連キーワード矢・箭遺矢矢田矢田新町矢田町矢田南矢場町矢(箭)石弦調べ

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

弓の関連情報