コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

弟切草 オトギリソウ

デジタル大辞泉の解説

おとぎり‐そう〔‐サウ〕【弟切草】

オトギリソウ科の多年草山野に生え、高さ30~60センチ。葉は披針(ひしん)形で対生し、基部は茎を抱く。夏から秋、黄色い5弁花をつける。花は1日の寿命で、日中だけ咲く。茎や葉を痛み止めや切り傷の薬にする。小連翹(しょうれんぎょう)。 秋》

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

おとぎりそう【弟切草】

オトギリソウ科の多年草。山野に自生。高さ30~60センチメートル。葉は茎を抱くようにつき、黒色の油点がある。夏、茎頂に数個の黄色五弁の小花を開く。花の寿命は一日で、日中だけ咲く。茎葉をもんで傷薬とする。また、干した全草を小連翹しようれんぎようといい、止血・洗浄・うがい薬とし、関節炎にも用いる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

弟切草 (オトギリソウ)

学名:Hypericum erectum var.erectum
植物。オトギリソウ科の多年草,薬用植物

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

弟切草の関連キーワードセントジョーンズウォートオトギリソウうがい薬関節炎数個茎葉傷薬小花止血自生