コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

弥勒経 みろくきょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

弥勒経
みろくきょう

弥勒菩薩について説明した6部の経典の総称。竺法護訳,鳩摩羅什訳,義浄訳の3部の『弥勒下生経』および『弥勒大成仏経』『弥勒来時経』『弥勒上生経』をいう。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

みろくきょう【弥勒経 Mí lè jīng】

未来仏であるマイトレーヤ(弥勒)に関する経典を一括して弥勒経とよび,中国や日本では弥勒六部経あるいは弥勒三部経を数えることが多い。釈迦仏の弟子たる弥勒の兜率天(とそつてん)往生ならびに信者たちの往生を説く《弥勒上生経》以外の5経は,いずれも遠い将来に補処の菩薩たる弥勒がこの世に下生して仏陀となり教化する物語を説く。隋代以後の中国社会で,弥勒教と称した反乱がしばしば起こるが(大乗教徒の乱),これらは《弥勒下生経》に説かれた教徒をよりどころとした。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

みろくぎょう【弥勒経】

弥勒菩薩について述べた経典。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報