弥天永釈(読み)みてん えいしゃく

  • 弥天永釈 みてん-えいしゃく

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

?-1406 南北朝-室町時代の僧。
臨済(りんざい)近江(おうみ)(滋賀県)永源寺の寂室(じゃくしつ)元光の法をつぐ。甲斐(かい)(山梨県)浄光寺の住持をへて近江にもどり,永安寺の開山となる。のち三河(みかわ)(愛知県)に甘泉寺,天恩寺をひらいた。応永13年6月5日死去。諡号(しごう)は見性悟心禅師。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる