強度変調放射線治療(読み)キョウドヘンチョウホウシャセンチリョウ

デジタル大辞泉「強度変調放射線治療」の解説

きょうどへんちょう‐ほうしゃせんちりょう〔キヤウドヘンテウハウシヤセンチレウ〕【強度変調放射線治療】

コンピューター制御により腫瘍部分にのみ放射線を集中照射する、放射線療法の一つ。一方向からのビームの強度を小さくし、多方向から照射することで、治療効果を高めながら、合併症のリスクを低減することができる。IMRT(Intensity Modulated Radiation Therapy)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

侍ジャパン

国際野球試合における野球日本代表の愛称。SAMURAI JAPAN(サムライ・ジャパン)とも記される。国際野球連盟(IBAF)主催・公認の各種大会・試合に出場し、オリンピックでは1984年のロサンゼル...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android