コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

往来危険罪 オウライキケンザイ

デジタル大辞泉の解説

おうらいきけん‐ざい〔ワウライキケン‐〕【往来危険罪】

線路や標識の破壊、置き石などで列車の運行に危険を生じさせる罪。また、灯台浮標損壊などで船舶航行に危険を生じさせる罪。刑法第125条が禁じ、2年以上の有期懲役に処せられる。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

おうらいきけんざい【往来危険罪】

交通機関の衝突や脱線等の危険を具体的に発生させる犯罪。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の往来危険罪の言及

【往来妨害罪】より

…その結果,人を死傷させたときは,傷害の罪と比べて重い方によって処罰される(同条2項)。(2)鉄道またはその標識を損壊するなどして,汽車・電車・艦船の往来の危険をもたらす行為(往来危険罪。125条。…

※「往来危険罪」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

往来危険罪の関連キーワード往来危険による汽車転覆等罪過失往来危険罪あたご衝突事故人民電車事件往来妨害罪交通機関危険犯過失犯線路死刑衝突脱線犯罪

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

往来危険罪の関連情報