コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

待賢門の戦い たいけんもんのたたかい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

待賢門の戦い
たいけんもんのたたかい

平治の乱 (→保元・平治の乱 ) の戦いの一つ。平治1 (1159) 年 12月 26日,平安京大内裏 (だいだいり) 東面の待賢門内に陣取った源義朝と,三千余の軍勢を率いた平重盛の軍との戦い。義朝の子義平が重盛を追って,右近の橘,左近の桜をめぐって戦い,重盛は危く逃れた。この直後の六波羅の戦いで形勢が一変し,逆に義朝の軍を平清盛の軍が打ち破り,平治の乱は終った。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

たいけんもん‐の‐たたかい〔‐たたかひ〕【待賢門の戦い】

平治元年(1159)平治の乱の際、待賢門付近で源義朝の軍と平重盛の軍が行った合戦。重盛は源義平と戦い、敗退した。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

たいけんもんのたたかい【待賢門の戦い】

平治の乱の時、御所の待賢門付近で行われた戦い。守る源義平(悪源太)が攻める平重盛を敗走させた。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

待賢門の戦いの関連キーワード悪源太御所

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android