後様/後方(読み)ノチザマ

デジタル大辞泉の解説

のち‐ざま【後様/後方】

のちの時。後年。後日。
「大鼻の蔵人(くらうど)得業(とくごふ)といひけるを、―には、こと長しとて、鼻蔵人とぞいひける」〈宇治拾遺・一一〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

あと‐さま【後様】

〘名〙 (「あとざま」とも。「に」を伴って用いる事が多い)
① 後ろ向きになること。
※詩学大成抄(室町末)三「華山を見に驢馬に乗りて思ほど見て、帰りさまには又驢にあとさまに乗りて山を見たぞ」
② 後ろの方。また、後もどりするさま。うしろざま。
※俳諧・笈の小文(1690‐91頃)「鳴海より跡ざまに二十五里尋(たづね)かへりて、其夜吉田に泊る」

うしろ‐ざま【後様】

〘名〙 (「に」を伴って副詞的に用いる。「うしろさま」とも)
① その人や物の、後ろのほう。また、後ろのほうへ動作をするさま。
※枕(10C終)三〇二「月のかげのはしたなさに、うしろざまにすべり入るを、つねに引き寄せ」
② 前後が逆の向きであるさま。後ろ向き。
※徒然草(1331頃)二三六「御前(おまへ)なる獅子(しし)・狛犬(こまいぬ)、背(そむ)きてうしろさまに立ちたりければ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

政党要件

公職選挙法などが規定する、政治団体が政党と認められるための条件。国会議員が5人以上所属するか、直近の総選挙、直近とその前の参院選挙のいずれかにおいて、全国で2パーセント以上の得票(選挙区か比例代表かい...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android