コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

得業 トクギョウ

デジタル大辞泉の解説

とく‐ぎょう〔‐ゲフ〕【得業】

学問や技芸などで、定められた課程を修了すること。

とく‐ごう〔‐ゴフ〕【得業】

僧の学階の称。奈良では、三会(さんえ)の立義(りゅうぎ)を勤め終えた僧の称号。比叡山では、横川(よかわ)の四季講、定心房の三講の聴衆を勤めた僧の称号。
浄土宗真宗学階で最下級の称。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

とくぎょう【得業】

ある課程を修了したこと。 → とくごう(得業)

とくごう【得業】

〔「ごう」は呉音〕
〘仏〙 僧の学階の一。所定の学業を終了した者に与えられる称号。奈良の三会(興福寺の維摩会と法華会、薬師寺の最勝会)の竪義りゆうぎを終わった者をいう。浄土宗・真宗では、現在でも学階の一。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の得業の言及

【最勝会】より

…その後慧達,平超,常全などにより興隆整備され,《延喜式》主税式によると,供料は大和,近江国よりそれぞれ黒米60石をつき,その年の正月中に寺家に送られたという。維摩会,御斎会,最勝会の竪義(りゆうぎ)を終えた僧は得業(とくごう)といわれ,またこの三会の講師を果たした僧は律師に補任された。1445年(文安2)6月の薬師寺諸堂の大風による倒壊で,以後中絶するにいたった。…

【竪義】より

…中世以降はまったく形式化し,問いも答えも固定化して抑揚をつけて読みあげる節も定まった。竪義は学僧への初段階の試験であり,三会の竪義を遂行した僧は得業と称せられるなど,已講(いこう)への階梯として重視された。【堀池 春峰】。…

※「得業」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

得業の関連キーワードカスティーリョ・ソロルサノ能恵法師絵巻狛人野宮成五条 為栄大中臣致忠岡倉由三郎菅原道真藤原明衡小野美材菅原是善大江匡房ラブレー坪井玄道菅原岑嗣藤原佐世菅原清公善道真貞藤原実範安倍晴明惟宗允亮

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android