後神(うしろがみ)

デジタル大辞泉プラスの解説

後神(うしろがみ)

日本の妖怪。突然人の背後に現れ後ろ髪を引っ張る。「後ろ髪を引かれる」という日本語表現から類推された妖怪と考えられ、「後髪」の表記もある。江戸時代の画家、鳥山石燕(せきえん)の画集「今昔百鬼拾遺」では、一つ目の女性の姿で描かれている。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

うしろ‐がみ【後神】

〘名〙
① 窮地に立たされたとき、後ろだてとなって救い守ってくれる神。
※浮世草子・西鶴織留(1694)四「親達の堪忍なさるやうに、後神に立給ふ宮」
② 後ろに心を残させる神。背後からおびやかす神。
※俳諧・広原海(1703)二〇「足音の谺(こだま)二度切る後ろ神」

おくれ‐がみ【後神】

〘名〙 臆病神のこと。
雑俳・ぬり笠(1697)「世の中の女は武士のおくれ神」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android