コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

後置詞 こうちしpostposition

翻訳|postposition

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

後置詞
こうちし
postposition

付属語であり,前に位置する自立語と単語結合をなし,関係や,その他の種々の意味を表わす機能をになう品詞。日本語助詞がその例。前の自立語に接合する格語尾との間に本質的な差があるかどうかは問題で,ハンガリー語では,両者の区別は母音調和が及んでいるか否かにすぎない状態にある。英語のいわゆる前置詞にも後置詞的用法もみられる。 all the night throughなど。このことは,英語の前置詞が日本語の格助詞よりも,単語としての自立性が強いことを示している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

こうち‐し【後置詞】

postposition》名詞などのあとに添えて、その語の他の語に対する文法的関係を示す語。日本語では助詞がこれにあたる。後詞。→前置詞

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

こうちし【後置詞】

名詞・代名詞の後ろにあって、文中の他の語との関係を示す語。日本語の助詞はこれに当たる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の後置詞の言及

【品詞】より

…たとえば,日本語の〈ユックリ〉〈ヤサシク〉〈今朝〉〈ココデ〉は,最初のものだけが副詞に属し,次のものから順に,形容詞の(一つの)派生的範疇,名詞,名詞+(格)助詞という性格のものである。
[前置詞,後置詞(助詞)]
 文の述語によって表される運動・動作などに対する事物の関係などを表す単語があって,それらが一つの範疇を形成している場合,通常それらはその事物を表す名詞(句)に近接して現れるから,そうした名詞(句)の前に立つか後に立つかに従って,〈前置詞〉とか〈後置詞〉と呼ばれることが多い。日本語の文法では,後置詞にあたるものを〈助詞〉と呼んできたが,名詞(句)につづくもの(格助詞等)を,動詞などに続く接続助詞と呼ばれるものや,述語の末尾などに立ついわゆる終助詞と,助詞という一つの品詞にまとめて考えるのは,それらが共通に何かの後に立ち,かつ,屈折(活用)を有しないといっても,それは違った品詞に属することを積極的に示さないという意味しかなく,根拠十分とはいえない。…

※「後置詞」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

後置詞の関連キーワードウラル・アルタイ語族日本人(人類学)フィンランド語ウラル語族ムンダ諸語格(言語)孤立語代名詞目的語統辞論付属語文中虚字

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android