コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

後藤太平 ごとう たへい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

後藤太平 ごとう-たへい

1850-1923 明治-大正時代の漆芸家。
嘉永(かえい)3年生まれ。彫刻の技法を玉楮象谷(たまかじ-ぞうこく)にまなぶ。朱漆を手でぬり,指でこすって模様をつけるという,讃岐(さぬき)漆器の一手法を考案した。後藤塗の祖。大正12年6月25日死去。74歳。讃岐(香川県)出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

後藤太平の関連キーワード大正時代香川漆器