コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

後藤重元 ごとう しげもと

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

後藤重元 ごとう-しげもと

1516-1577 戦国-織豊時代の武士。
永正(えいしょう)13年生まれ。飛騨(ひだ)(岐阜県)国司をつとめる姉小路(あねがこうじ)氏の家臣で,済継以下4代につかえた。同僚の牛丸重親が主家を支配し世子を殺そうとしたため,世子を親戚の常陸(ひたち)佐竹氏のもとへ脱出させる。追っ手をふせいで,天正(てんしょう)5年8月25日討ち死にしたという。62歳。通称は帯刀。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

後藤重元の関連キーワードウラディスラフ2世ヤゲロウェツフェルナンド2世(カトリック王)安土桃山時代(年表)フェルナンド春夢草カール[5世]フェルナンド[2世]ホルバインヤギェウォ朝エラスムス

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android