コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

後閑菊野 ごかん きくの

1件 の用語解説(後閑菊野の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

後閑菊野 ごかん-きくの

1866-1931 明治-昭和時代前期の教育者。
慶応2年10月9日生まれ。母校の東京女高師(現お茶の水女子大)の教授をつとめ,大正7年久邇宮良子(くにのみや-ながこ)女王が皇太子(のちの昭和天皇)妃にきまると,教育係となった。のち桜蔭(おういん)高女校長。昭和6年6月21日死去。66歳。播磨(はりま)(兵庫県)出身。著作に「家事提要」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

後閑菊野の関連キーワードドイツ映画ダイハツ三輪車第1号車(HA型)谷川岳英学井上財政満州事変池内蔵太海保漁村カッテンデイケ木下逸雲

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone