御免革(読み)ゴメンガワ

大辞林 第三版の解説

ごめんがわ【御免革】

一般人の使用が許されていた染め革。茶色地に白で模様を染めたもの。 〔紫色の染め革は禁止されていた〕 〔貞丈雑記〕
正平しようへい」に同じ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ごめん‐がわ ‥がは【御免革】

〘名〙
① 柿色の地に獅子や唐草などの模様を白ぬきにした染め革。正平六年(一三五一)に征西将軍懐良親王が肥後国(熊本県)高田で、その地での商売を許可したところからという。正平革。ごめん。
※鎌倉殿中以下年中行事(1454か)一月五日「上の方は黒革・菖蒲横革〈略〉御免革にて重をして」
② (足利義満が紫地の染革を将軍および高位の人の色として、一般の使用を禁止したというところから) 広く一般に使用が許可された染革。錦革の類をさすという。ごめんようなめし。ごめん。〔随筆・貞丈雑記(1784頃)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android