コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

正平革 ショウヘイガワ

デジタル大辞泉の解説

しょうへい‐がわ〔シヤウヘイがは〕【正平革】

染め革の一。獅子(しし)・牡丹(ぼたん)・唐草などの文様を配した中に「正平六年六月一日」の文字を染め出した革。征西将軍懐良(かねなが)親王が、正平6年(1351)肥後国八代(やつしろ)の革工に命じて染めさせたものといわれ、武具などに用いられた。八代革。御免革正平御免革

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

しょうへいがわ【正平革】

絵革の一。獅子しし・牡丹ぼたんなどの模様の中に「正平6年6月1日」の文字を染め出した革。主として甲冑かつちゆうに使う。正平御免革。御免革。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

正平革の関連キーワード正平染め・正平染正平染絵革

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android