コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

御出でる オイデル

デジタル大辞泉の解説

お‐い・でる【出でる】

[動ダ下一]
行く」「来る」「居る」の尊敬語。おいでになる。いらっしゃる。
「何処へ―・でることやらと」〈鏡花・葛飾砂子〉
(補助動詞)動詞の連用形に接続助詞「て」を添えた形に付いて、動作の継続・進行の意を表す尊敬語。おいでになる。いらっしゃる。
「首を長くし待って―・でた所へ」〈漱石坊っちゃん

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

おいでる【御出でる】

( 動下一 )
〔名詞「おいで」に「る」を付けて動詞化したもの〕
「行く」「来る」「いる」の尊敬語。おいでになる。 「わし所とこへ-・でて飯まま食ひんか/滑稽本・浮世風呂 2
(補助動詞) 動詞の連用形に助詞「て」を添えた形に付いて、「ている」の意の尊敬を表す。 「二時間もすわって-・でたのでさぞお疲れになりましたでしょう」 〔現在ではやや古風な言い方〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

御出でるの関連キーワード補助動詞

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android