コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

御家物 おいえもの

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

御家物
おいえもの

歌舞伎,浄瑠璃脚本の種類。御家狂言,御家騒動物ともいう。江戸時代の大名旗本の家に起った騒動を扱ったもの。江戸幕府に対し歴史的事実をそのまま脚色することを遠慮して,時代を南北朝や室町期に移し,架空の物語の形をとるものが多い。大身の武家の悪臣が横領を企て,忠臣がこれを滅ぼすという大筋をいろいろに変化させたもので,仇討物もこれに入る。江戸よりも上方に多く,元禄期の脚本はほとんどこの御家物であった。代表的なものに赤穂義士の『仮名手本忠臣蔵』,加賀騒動の『加賀見山旧錦絵 (かがみやまこきょうのにしきえ) 』,伊達騒動の『伽羅先代萩 (めいぼくせんだいはぎ) 』などがある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

おいえ‐もの〔おいへ‐〕【御家物】

御家狂言

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

御家物の関連キーワード傾城仏の原傾城反魂香富永平兵衛近松徳三時代物英露鳥

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android