コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

御直 オジキ

デジタル大辞泉の解説

お‐じき〔‐ヂキ〕【御直】

貴人が自分から直接に物事をすること。直接。おじきじき。
「仮屋奉行夜廻り―の御用承り」〈浄・会稽山
御直衆(おじきしゅう)」の略。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

おじき【御直】

他の人を介さず、貴人が直接かかわること。ごじき。 「弁慶様にお目見え致し、-の詞下さるるが/浄瑠璃・ひらかな盛衰記」
「御直衆」の略。 「 -の御奉公に出したきとの念願にて/浄瑠璃・堀川波鼓

ごじき【御直】

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

御直の関連キーワード川島皇子(かわしまのおうじ)士・農工商・穢多非人花・華・纏頭佐藤広右衛門召し出づ神岡鉱山県令須知松平治郷松平宗衍浄瑠璃萎える盛衰記御庭番唐の綺貴人鉱山更衣御林祭服

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

御直の関連情報