コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

御覧じる ゴロウジル

デジタル大辞泉の解説

ごろう・じる〔ゴラウじる〕【御覧じる】

[動ザ上一]《「ごろう(御覧)ず」(サ変)の上一段化》
ごろうず1」に同じ。「細工は流流、仕上げを―・じろ」
「玄宗の此を―・じてなをなをひさうさしむたぞ」〈玉塵抄・二〇〉
(補助動詞)「ごろうず2」に同じ。「だまされたと思って、食べて―・じろ」
「マア考えて―・じろ」〈二葉亭浮雲
「さて、まあ、あがって―・じませ」〈洒・月花余情〉
[補説]現代語では、多く命令形「ごろうじろ」が用いられる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ごろうじる【御覧じる】

( 動上一 )
〔サ変動詞「ごろうず」の上一段化〕
ごらんになる。 「細工さいくは流々りゆうりゆう、仕上げを-・じろ」 「わしの所は-・じる通り、馬部屋を見るような家でござりますが/歌舞伎・関取菖蒲忠
(補助動詞) 動詞の連用形に助詞「て」の付いた形に付いて、「…てみる」の意の尊敬語として用いられる。 「角町にしんみせが御座りますがお出なんして-・じませんか/洒落本・遊子方言」 〔現代語では、命令形の「ごろうじろ」以外の形はあまり用いられない〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

御覧じるの関連キーワード補助動詞月花余情玄宗うずサ変流流

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android