コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

御覧ず ゴランズ

デジタル大辞泉の解説

ごらん・ず【御覧ず】

[動サ変]見る」の尊敬語。「見給う」に比べ、敬意が強い。
ご覧になる。ご覧じる。
「昔も―・ぜし道とは見給へつつ」〈かげろふ・中〉
世話をなさる。
「年比も―・じて久しくなりぬ」〈堤・由無し事
召し上がる。
「君、いとねぶたしとて起き給はねば、なほこよひ―・ぜよとて聞こゆれば」〈落窪・一〉

ごろう・ず〔ゴラウず〕【御覧ず】

[動サ変]《「ごらんず」の音変化》
見る」の尊敬語。ごらんになる。ごろうじる。
「帝王コレヲ―・ゼラレテ大キニ驚カセラルル体デ」〈天草本伊曽保・ネテナボ帝王イソポに御不審〉
(補助動詞)補助動詞「みる」の尊敬語。
「よくよく按じて―・ぜい」〈杜詩続翠抄〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ごらんず【御覧ず】

( 動サ変 )
「見る」の尊敬語。「見給ふ」より敬意が高い。
御覧になる。 「これを帝-・じて、いかが帰り給はむそらもなく思さる/竹取」
結婚なさる。 「まだ無下にいはけなき程に侍るめれば、たはぶれにても-・じがたくや/源氏 若紫
世話をなさる。 「年ごろも-・じて久しくなりぬ/堤中納言 よしなしごと
連用形「ごらんじ」が他の動詞の上に付いて、「見…」の形の複合動詞の尊敬語となる。 「とのにも御方々の童・下仕へのすぐれたるをと-・じくらべ/源氏 乙女

ごろうず【御覧ず】

( 動サ変 )
〔「ごらんず」の転〕
ごらんになる。 「なんと何れも旦那のはばを-・じたか/浄瑠璃・淀鯉
(補助動詞) 動詞の連用形に「て」の付いた形に付いて、「…てみる」の意の尊敬語として用いられる。 「よくよく按じて-・ぜい/杜詩続翠抄」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

御覧ずの関連キーワード御覧ぜらる大人しやか曽孫・曾孫ねび勝る補助動詞御覧じる差し寄す潮垂れる心憎い参らす参る屈む船楽珍か正日

今日のキーワード

阪神園芸

阪神電気鉄道株式会社の子会社で、兵庫県西宮市に本社を置く造園会社。正式名称は「阪神園芸株式会社」。1968年に設立された。環境緑化工事の施工・維持管理、公園植栽などの管理、観葉植物のリースといった業務...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android