コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

復古記 ふっこき

2件 の用語解説(復古記の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

復古記
ふっこき

慶応3 (1867) 年 10月から明治1 (68) 年 10月までの王政復古に関する官撰の史書。『復古外記』を合せて 289巻。 1889年完成。編年体に綱文を掲げ,史料を示したもので戊辰戦争を中心とする明治政府成立当初の諸事件に詳しい。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

復古記
ふっこき

1867年(慶応3)10月14日の大政奉還から、68年(明治1)10月28日の東征大総督(とうせいだいそうとく)解任までの史実を、綱文(こうぶん)に従って多数の史料を引用してまとめた官選の史書。「王政維新の鴻業(こうぎょう)」の功労者を記録せよという明治天皇の勅書に従って、72年10月太政官(だじょうかん)正院歴史課が編纂(へんさん)に着手し、修史局などを経て、東京帝国大学臨時編年史編纂掛が89年10月に完成した。綱文の部分のみは『明治史要』として太政官修史局が76年に公刊。史料を含む編年体の『復古記』150巻(208冊および附図、附録)は8冊にまとめられ、ほかに『復古外記』148巻(149冊)、「伏見(ふしみ)口戦記」以下「蝦夷(えぞ)戦記」に至る11種の戊辰(ぼしん)戦争史料が6冊に、「索引」1冊をあわせて計15冊として1929年(昭和4)から公刊された。編集と校閲にあたったのは、歴史課長長松幹(ながまつみき)を中心に、重野安繹(しげのやすつぐ)、久米邦武(くめくにたけ)、藤野正啓(まさひろ)ら、当時の優れた実証史家たちで、戊辰戦争の過程のきわめて詳しい史料集である。[河内八郎]
『東京大学史料編纂所編『復古記』全15巻(1974~75・東京大学出版会)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

復古記の関連キーワード丹鶴舟森大狂旧公債消費増税秋山広太倉知誠夫小錦八十吉(初代)コワニエ藤堂高成橋本実穎

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone