徳叟周佐(読み)とくそう しゅうさ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

徳叟周佐 とくそう-しゅうさ

1324-1400 南北朝時代の僧。
元亨(げんこう)4=正中(しょうちゅう)元年生まれ。臨済(りんざい)宗。夢窓疎石(むそう-そせき)に師事して法をつぐ。京都天竜寺,ついで南禅寺の住持となった。応永7年3月12日死去。77歳。常陸(ひたち)(茨城県)出身。俗姓佐竹諡号(しごう)は宗猷達悟禅師。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

スロースリップ

地球の表面を構成するプレートの境界面において、プレートがゆっくりと滑って移動する現象。この移動が一気に起きるとプレート境界地震になる。プレートどうしが強く固着した、アスペリティーと呼ばれる領域以外で生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android