コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

徳大寺実通 とくだいじ さねみち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

徳大寺実通 とくだいじ-さねみち

1514*-1545 戦国時代の公卿(くぎょう)。
永正(えいしょう)10年12月21日生まれ。徳大寺公胤(きんたね)の子。正二位。権(ごんの)大納言,右近衛(うこんえの)大将をかねる。天文(てんぶん)14年越中(富山県)礪波(となみ)郡にあった徳大寺家の荘園般若野荘(はんにゃのしょう)へ視察におもむいた際,同年4月9日在地の武家,荘民により殺害された。33歳。初名は実規(さねのり)。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

徳大寺実通 (とくだいじさねみち)

生年月日:1513年12月21日
戦国時代の公卿
1545年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android