コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

徳川頼貞 とくがわ よりさだ

1件 の用語解説(徳川頼貞の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

徳川頼貞 とくがわ-よりさだ

1892-1954 昭和時代の政治家。
明治25年8月16日生まれ。徳川頼倫(よりみち)の長男。貴族院議員をへて昭和22年参議院議員(当選2回,自由党)。ユネスコ国会議員連盟,日本フィリピン協会,全日本音楽協会などの各会長をつとめる。楽譜,音楽文献,古楽器類の収集家としても著名。昭和29年4月17日死去。61歳。東京出身。学習院卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典内の徳川頼貞の言及

【オルガン】より

…明治以後,洋楽輸入と宣教師によるキリスト教伝道の再開で,オルガンがキリスト教主義の学校,教会に設置されたが,礼拝用楽器であったため,洋楽全体では大きな比重を占めるに至らなかった。1920年徳川頼貞が南葵音楽堂に設置し,後に東京音楽学校(現,東京芸術大学)に寄贈したオルガンは,第2次大戦の前後を通じ,日本のオルガン教育に大きく貢献した。特に経済の高度成長期の60年代以降,大オルガンの輸入が急増し,最近では特に,地方自治体の公共ホールへのオルガンの設置が目だち,日本でのコンサート・オルガンの新しい歩みが注目される。…

※「徳川頼貞」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

徳川頼貞の関連キーワード逢沢寛阿子島俊治天野久岩淵辰雄大石兵太郎田中善内団伊能益谷秀次村島喜代最上政三

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

徳川頼貞の関連情報