コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

徳弘石門 とくひろ せきもん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

徳弘石門 とくひろ-せきもん

1777-1825 江戸時代後期の武士,画家。
安永6年生まれ。徳弘董斎(とうさい)の父。土佐高知藩士。家は代々の砲術家。江戸で広瀬台山(たいざん),雲室らに文人画をまなぶ。大石をこのみ,門内においたおおきな石臼にちなんで石門と号した。文政8年5月6日死去。49歳。名は保孝。通称は直蔵,庄九郎。別号石崖

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

徳弘石門の関連キーワード産業革命史(年表)加藤美樹小糸佐七物蕪村アレクサンドルアレクサンドルズーフ沼波弄山シェリダンハーキマー

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android