コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

心エコー図 しんエコーずechocardiography

世界大百科事典 第2版の解説

しんエコーず【心エコー図 echocardiography】

超音波を用いて心臓内各部あるいは大血管の運動を記録する方法で,UCG(ultrasound cardiographyの略)ともいわれる。1954年にスウェーデンヘルツC.M.Hertz(1920‐ )らによって初めて報告されて以来,心エコー図法の発達は著しく,現在では循環器疾患の診断に欠くことのできない方法となっている。超音波とは周波数2万Hz以上の音であり,超音波のもつ,(1)直進性,(2)音響インピーダンスの異なる二つの媒質の境界面で反射される,という二つの特性を利用して,心臓の弁,壁,膜および大血管の形態と運動を分析することができる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の心エコー図の言及

【心機能検査】より

…心機図として,頸静脈・頸動脈拍動を測定し,心尖拍動図を同時に記録することによって,血液の駆出状態を調べることができる。心音心機図
[心エコー図]
 超音波画像診断の一つで,体外から超音波を入射し,心臓の壁や弁からの反射を利用して,心臓の形や大きさ,心室壁の厚み,収縮運動,弁の動きと形の変化,心囊液などを調べる方法。心血管造影法と比べ,被験者に対する影響が少ないうえに,情報量も多いことから,広く用いられるようになった。…

【心筋梗塞】より

…心不全に合併すると肺鬱血像が生じ,心室瘤のはり出しがみられる場合もある。 心エコー図では,梗塞部位の収縮運動の低下,心囊液の貯留がみられる。放射性同位体によるシンチグラムでは,心拍出量,駆出率などの血行動態の変化と梗塞部位の広がりがわかる。…

※「心エコー図」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

心エコー図の関連情報