超音波画像診断(読み)ちょうおんぱがぞうしんだん(英語表記)ultrasonic diagnosis imaging

世界大百科事典 第2版の解説

ちょうおんぱがぞうしんだん【超音波画像診断 ultrasonic diagnosis imaging】

超音波を利用して生体内の状態(形態,動態,機能)を調べる検査法で,1980年代後半より,本格的に医療に使用されるようになった。使用される超音波の波長は1~10MHzで,腹部用には3.5~5.0MHz,体表面には7.5MHz程度を使用。出力は数十mW/cm2以下と低く,多くの装置プローブ(接触子)に200個程度の圧電素子(ジルコン酸チタン酸鉛など)を用いて超音波を発生させている。放射された超音波は液体個体媒体として伝播し,媒体のもつ固有音響インピーダンスの異なる境界面で反射する。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報