コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

超音波画像診断 ちょうおんぱがぞうしんだん ultrasonic diagnosis imaging

1件 の用語解説(超音波画像診断の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ちょうおんぱがぞうしんだん【超音波画像診断 ultrasonic diagnosis imaging】

超音波を利用して生体内の状態(形態,動態,機能)を調べる検査法で,1980年代後半より,本格的に医療に使用されるようになった。使用される超音波の波長は1~10MHzで,腹部用には3.5~5.0MHz,体表面には7.5MHz程度を使用。出力は数十mW/cm2以下と低く,多くの装置はプローブ(接触子)に200個程度の圧電素子(ジルコン酸チタン酸鉛など)を用いて超音波を発生させている。放射された超音波は液体や個体を媒体として伝播し,媒体のもつ固有音響インピーダンスの異なる境界面で反射する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

超音波画像診断の関連キーワード超音波超音波断層法音響測深超音波探傷器超音波顕微鏡超音波診断法超音波検査法超音波処理デバイ‐シアーズ効果腹部超音波検査(腹部エコー)

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

超音波画像診断の関連情報