コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

心窓宗伝 しんそう そうでん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

心窓宗伝 しんそう-そうでん

1421-1496 室町-戦国時代の僧。
応永28年生まれ。曹洞(そうとう)宗。加賀(石川県)仏陀寺の太容梵清(たいよう-ぼんせい)のもとで出家し,大和(奈良県)慶田寺の海門興徳(かいもん-こうとく)の法をつぐ。のち仏陀寺の住持となり,文明4年(1472)能登(のと)(石川県)総持寺にうつった。明応5年11月12日死去。76歳。加賀出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

心窓宗伝の関連キーワード戦国時代室町