心臓カテーテル(読み)しんぞうカテーテル

百科事典マイペディアの解説

心臓カテーテル【しんぞうカテーテル】

心臓の診断に用いるカテーテル。末梢血管を通じて心臓や大動脈,肺動脈,冠動脈などに挿入し,内圧の測定,採血,心血管造影などを行う。静脈から右心,そして肺動脈に入れる右心カテーテル法と,大動脈から左心に入れる左心カテーテル法がある。これは心臓弁膜症先天性心臓病などの診断に重要な検査で,特に,心臓手術の前には,大切な検査の一つ。
→関連項目心電計フォルスマンペースメーカーリチャーズ

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

エミュー

ヒクイドリ目エミュー科。ダチョウに似た大型の飛べない鳥。オーストラリア固有種で,国鳥。全長 140~164cm,背丈 150~190cmで,雌のほうがやや大きい。翼は羽毛に覆われて見えないが,約 20...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

心臓カテーテルの関連情報