コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

避難港 ひなんこうport of distress

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

避難港
ひなんこう
port of distress

小型船(船舶)が暴風雨しけなどの悪天候にあった場合や,事故などから逃れる場合に,一時的に寄できる港。日本では港湾法によって定められており,通常貨物の積み降ろしまたは旅客乗降には用いられない。施設の工事費には国費による一定率の助成が行なわれる。2014年現在,全国で 36の避難港が指定されている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ひなん‐こう〔‐カウ〕【避難港】

航海中の船舶が悪天候や事故などからの避難のために一時寄港できる港。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

避難港【ひなんこう】

荒天時に船舶が待避するための港。通例貨客の扱いはしないので一般に規模は小さく,防波堤だけで岸壁のない場合もある。漁港法では第4種漁港として指定,港湾法では1995年現在重要港湾と地方港湾に1102港が指定されているが,その内35港を避難港に指定している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

ひなんこう【避難港】

船舶が航行中に生じた危難からのがれるために、一時的に寄港する港。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の避難港の言及

【港湾】より


[港湾法]
 日本の港湾法(1950制定)は,国民経済から見たその重要性に従って,〈重要港湾〉と〈地方港湾〉とに分類し,重要港湾のうち外国貿易を増進させるうえでとくに重要な港湾を〈特定重要港湾〉と指定している。また,地方港湾のうち,避難のための停泊を主たる目的とする港を〈避難港〉と指定している。ちなみに,港湾法に基づいて国が指定する港湾の数は1093港あり,特定重要港湾は18港,重要港湾は114港,地方港湾は961港をそれぞれ数える(1984年8月1日現在)。…

※「避難港」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

避難港の関連キーワードハリファクス(カナダ)和歌山県日高郡由良町加茂(山形県)上五島[町]深浦[町]三浦[市]串本[町]安護の浦港宇治群島古仁屋港椴法華港伊良湖港えりも港久之浜港鼠ヶ関港尻屋岬港座間味島上川口港柴山港勝浦港

避難港の関連情報