避難港(読み)ひなんこう(英語表記)port of distress

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

避難港
ひなんこう
port of distress

小型船(船舶)が暴風雨やしけなどの悪天候にあった場合や,事故などから逃れる場合に,一時的に寄できる港。日本では港湾法によって定められており,通常貨物の積み降ろしまたは旅客乗降にはいられない。施設の工事費には国費による一定率の助成が行なわれる。2014年現在,全国で 36の避難港が指定されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ひなん‐こう〔‐カウ〕【避難港】

航海中の船舶が悪天候や事故などからの避難のために一時寄港できる港。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

避難港【ひなんこう】

荒天時に船舶が待避するための港。通例貨客の扱いはしないので一般に規模は小さく,防波堤だけで岸壁のない場合もある。漁港法では第4種漁港として指定,港湾法では1995年現在重要港湾と地方港湾に1102港が指定されているが,その内35港を避難港に指定している。→漁港港湾

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

ひなんこう【避難港】

船舶が航行中に生じた危難からのがれるために、一時的に寄港する港。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ひなん‐こう ‥カウ【避難港】

〘名〙
① 悪天候などのとき、船舶が海難を避けるために臨時に入港できる港。〔工学字彙(1886)〕
② 暴風雨に際し、小型の船舶が避難のため停泊することを主たる目的とした港。通常、貨物の積卸や旅客の乗降の用に供せられない港湾で、政令で指定されたもの。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の避難港の言及

【港湾】より


[港湾法]
 日本の港湾法(1950制定)は,国民経済から見たその重要性に従って,〈重要港湾〉と〈地方港湾〉とに分類し,重要港湾のうち外国貿易を増進させるうえでとくに重要な港湾を〈特定重要港湾〉と指定している。また,地方港湾のうち,避難のための停泊を主たる目的とする港を〈避難港〉と指定している。ちなみに,港湾法に基づいて国が指定する港湾の数は1093港あり,特定重要港湾は18港,重要港湾は114港,地方港湾は961港をそれぞれ数える(1984年8月1日現在)。…

※「避難港」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

児童相談所

子供の福祉に関する相談に応じ,援助などを行なう行政機関。児相と略称される。児童福祉法に基づき,都道府県と政令指定都市に設置が義務づけられている。運営は厚生労働省の局長通知,児童相談所運営指針にそって行...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

避難港の関連情報