コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

志貴昌澄 しき まさずみ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

志貴昌澄 しき-まさずみ

1688-1753 江戸時代中期の国学者。
元禄(げんろく)元年生まれ。志貴昌興(まさおき)の孫。駿河(するが)(静岡県)総社神部神社の神職をつぐ。跡部良顕(あとべ-よしあきら)に国学,神道を,伴部安崇(ともべ-やすたか)に歌学をまなび,和歌にすぐれた。宝暦3年3月3日死去。66歳。通称は機山,幸奇。著作に「和歌駿河草」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

志貴昌澄の関連キーワード元禄大英博物館高橋孫兵衛吉住小三郎銚子醤油日本の民家梅の由兵衛道成寺(能)日本舞踊James

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone