応胤入道親王(読み)おういんにゅうどうしんのう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

応胤入道親王 おういんにゅうどうしんのう

1531-1598 戦国-織豊時代,伏見宮貞敦親王の第5王子。
享禄(きょうろく)4年生まれ。後奈良天皇猶子となり,彦胤入道親王(三千院門跡(もんぜき))のもとで法をつぐ。天文(てんぶん)22年天台座主となる。天正(てんしょう)年間に還俗(げんぞく)。書,和歌をこのんだ。慶長3年5月17日死去。68歳。俗名は尊悟。号は蜻庵(せいあん)。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

公示地価

地価公示法(昭和44年法律第49号)に基づき、国土交通省が毎年1回公示する標準地の価格のこと。「住宅地」「商業地」「宅地見込地」「準工業地」「工業地」「市街化調整区域内宅地」「市街化調整区域内林地」に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android