コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

忠室宗孝 ちゅうしつ そうこう

1件 の用語解説(忠室宗孝の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

忠室宗孝 ちゅうしつ-そうこう

?-1533 戦国時代の僧。
曹洞(そうとう)宗。両親の命で相模(さがみ)(神奈川県)総世寺の一宇俊箇(いちう-しゅんこ)について出家,のち同寺をつぐ。晩年相模に東陽院をひらいた。天文(てんぶん)2年1月9日死去。伊豆(いず)初島(静岡県)出身。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

忠室宗孝の関連キーワード月舟寿桂成瀬ダム朝倉義景イワンインカ帝国ウィレムエリザベスカルタヘナ島津義久達延汗

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone