忠臣は二君に仕えず(読み)ちゅうしんはにくんにつかえず

ことわざを知る辞典「忠臣は二君に仕えず」の解説

忠臣は二君に仕えず

義な臣下はいったん主君を定めて仕えた以上、他に仕えることをしない。

[使用例] 最初は君に対し家来になりますということであるが、その誓約をした以上は、忠臣二君に仕えずということとなり、君に対する信念は強くなった[平沼騏一郎*平沼騏一郎回顧録|1925]

[解説] 「史記―田単伝」の「忠臣は二君につかえず、貞女は二夫をあらためず」によるもので、しばしば「貞女は両夫にまみえず」と対句にされます。「二君」は、多く「じくん」と読まれました。

出典 ことわざを知る辞典ことわざを知る辞典について 情報

精選版 日本国語大辞典「忠臣は二君に仕えず」の解説

ちゅうしん【忠臣】 は 二君(にくん)に仕(つか)えず

忠臣は一度仕えた以上、主君をかえることをしない。
※平松家本平家(13C前)九「忠臣は二君に仕へず、貞女は両夫に見えず」 〔史記‐田単伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

トンガ(国)

太平洋南西部、日付変更線のすぐ西側(南緯約20度・西経約175度)に位置するポリネシア唯一の王国。トンガ海溝に沿って、その西側に南北に連なる諸島をトンガ諸島といい、この諸島をあわせて1970年にトンガ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android