コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

平沼騏一郎 ひらぬま きいちろう

9件 の用語解説(平沼騏一郎の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

平沼騏一郎

政治家。岡山県生。号は機外。山本内閣司法大臣に就任し、虎の門事件で辞任した。この頃より右翼結社国本社を主宰する。のち近衛内閣のあとを受けて戦時内閣を組織した。また書を能くし、謡曲・能楽等にも秀でる。昭和27年(1952)歿、85才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ひらぬま‐きいちろう〔‐キイチラウ〕【平沼騏一郎】

[1867~1952]政治家。岡山の生まれ。検事総長大審院長・法相・貴族院議員・枢密顧問官を経て、昭和14年(1939)首相に就任。その間、国家主義団体「国本社」を主宰。第二次大戦後、A級戦犯として終身禁錮刑に処せられ、獄中で病死。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

平沼騏一郎【ひらぬまきいちろう】

政治家。美作(みまさか)国津山藩士の子。帝大卒。大逆事件のとき検事を務め,のち検事総長大審院長を歴任し,司法界最大の実力者となる。第2次山本権兵衛内閣の法相。
→関連項目重臣帝人事件無窮会

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

平沼騏一郎 ひらぬま-きいちろう

1867-1952 明治-昭和時代前期の司法官,政治家。
慶応3年9月28日生まれ。検事総長,大審院長をへて,大正12年第2次山本内閣の法相。13年右翼結社国本(こくほん)社を結成。昭和14年組閣したが,独ソ不可侵条約の締結を機に総辞職。のち第2・第3次近衛内閣の国務相。戦後,A級戦犯容疑で終身禁固刑。昭和27年8月22日死去。84歳。美作(みまさか)(岡山県)出身。帝国大学卒。
【格言など】欧州の天地は複雑怪奇なる新情勢を生じた(独ソ不可侵条約締結に際し)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

平沼騏一郎

没年:昭和27.8.22(1952)
生年:慶応3.9.28(1867.10.25)
明治から昭和前期の司法官,政治家。美作国(岡山県)津山藩士平沼晋の家に生まれ(兄は淑郎),明治21(1888)年帝国大学法科大学を卒業。司法省に入り,32年東京控訴院検事に補せられ,以後検事畑を進み,38年大審院検事,39年司法省民刑局長。40年英・独・仏に派遣され,また法学博士号を受ける。この間日糖事件,大逆事件などの取り扱いで名を上げた。44年刑事局長,大正1(1912)年検事総長に補せられ,以後約10年その職にあり,シーメンス事件,大浦事件などで腕を振るった。同時にこの前後様々な委員となり,数多くの立法,法改正の事業に参画。10年大審院長,12年第2次山本権兵衛内閣の司法大臣に任じられ,国民精神作興に関する詔書に関与した。社会主義の勃興に危機感を抱き,13年国本社を組織して社長。12年日本大学総長。13年枢密顧問官,15年枢密院副議長,また男爵を授けられた。この前後から司法関係を中心に官僚,軍人,民間に反既成政党,「復古―現状打破」的な志向を持つ平沼閥の存在が喧伝され,中間内閣の首班候補とみなされ,反対派からはファッショと非難された。昭和11(1936)年枢密院副議長就任ののち国本社を解散。14年1月大命を受け組閣。前内閣からの防共協定強化問題で苦慮した揚げ句,独ソ不可侵条約の締結を機に辞職。このころから「現状維持」派と目され,16年に狙撃され重傷。15年末の第2次近衛内閣の改造で内務大臣に就任し「新体制」に水をかける役割を演じた。20年枢密院議長。敗戦に伴いA級戦犯容疑者として収監され21年東京裁判で終身禁固の判決を受けた。病没。

(伊藤隆)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ひらぬまきいちろう【平沼騏一郎】

1867‐1952(慶応3‐昭和27)
司法官,政治家。岡山に生まれる。1888年東京帝国大学法科を卒業し,判事となる。東京控訴院部長を経て検事に転じ,1911年司法次官,12年より21年まで検事総長,23年第2次山本権兵衛内閣の司法大臣を歴任。虎の門事件に衝撃をうけ,24年からは国家主義団体国本社を主宰(会長),同年には枢密顧問官に就任,翌年枢密院副議長となり,台湾銀行救済問題ロンドン条約批准問題などで政府を苦しめた。満州事変後には首相候補者として右翼・軍部から期待されるようになったが,元老西園寺公望は彼の右翼色を忌避した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ひらぬまきいちろう【平沼騏一郎】

1867~1952) 政治家。岡山県生まれ。東大卒。検事総長・大審院長・法相をつとめ、1936年(昭和11)枢密院議長。右翼団体「国本社」を創始。39年組閣、独ソ不可侵条約の成立で辞職した。次いで近衛内閣の国務相。戦後 A 級戦犯として終身刑。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

平沼騏一郎
ひらぬまきいちろう

[生]慶応3(1867).9.28. 美作,津山
[没]1952.6.14. 東京
政治家。東京帝国大学卒業後,司法省に入り,司法界の要職を歴任。検事総長時代,東京市の砂利疑獄事件,満鉄事件などを指揮し司法界切っての地位を築いた。その後 1923年には山本権兵衛内閣の司法相に就任。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

平沼騏一郎
ひらぬまきいちろう
(1867―1952)

司法官僚出身の政治家。津山藩士の子として岡山県に生まれる。1888年(明治21)帝国大学法科卒業後、判事となり、東京控訴院部長を経て検事に転じた。政党勢力に対して峻厳(しゅんげん)な方針をとり、1907年(明治40)の日糖疑獄では多数の政党政治家が起訴された。1911年西園寺公望(さいおんじきんもち)内閣の司法次官となり、検事総長、大審院長を歴任。1923年(大正12)第二次山本権兵衛(やまもとごんべえ)内閣の法相となるが、同年12月の虎の門事件(とらのもんじけん)に衝撃を受け、翌1924年5月、皇室中心主義の修養団体、国本社(こくほんしゃ)を結成する。国本社には陸海軍将官、高級司法官僚、枢密院、貴族院などの有力者が参集し、平沼は政界に隠然たる勢力を築いた。1925年枢密院副議長となり、金融恐慌問題、ロンドン軍縮条約問題では政府を攻撃し、政党内閣の基盤を掘り崩した。1931年(昭和6)の満州事変勃発(ぼっぱつ)後、右翼や軍部の間から平沼内閣を求める声が広まったが、元老西園寺はこれを忌避していた。1936年枢密院議長になると国本社を解散し、政権担当を目ざした。1939年1月第一次近衛文麿(このえふみまろ)内閣の後を受けて組閣、日独軍事同盟の成立に苦心したが、独ソ不可侵条約の締結によって「複雑怪奇」の声明を残して総辞職した。以後、第二次、第三次近衛内閣の国務相を務め、太平洋戦争期には重臣の一人として東条英機(とうじょうひでき)内閣の倒壊工作にも関与した。敗戦直前のポツダム宣言受諾をめぐる御前会議では、陸軍側の4条件案に反対し、和平条件を国体護持のみに絞ることを主張した。戦後、極東国際軍事裁判でA級戦犯として終身禁錮を宣告され、昭和27年8月、服役中に病死。終生、独身であった。[小田部雄次]
『平沼騏一郎回顧録編纂委員会編『平沼騏一郎回顧録』(1955・学陽書房) ▽岩崎栄著『伝記叢書268 平沼騏一郎伝――伝記・平沼騏一郎』(1997・大空社) ▽御厨貴監修『歴代総理大臣伝記叢書26 平沼騏一郎』(2007・ゆまに書房)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の平沼騏一郎の言及

【国本社】より

平沼騏一郎を中心に1924年5月発足した国家主義団体。前年の虎の門事件に衝撃をうけた平沼が,〈国体ノ精華ヲ顕要スル〉ことを目的として結成した,反政党政治・反国際協調の傾向を強くもつ団体である。…

【国民精神総動員運動】より

… だが日中戦争が長期化して解決の見通しが立たず生活不安も深刻化すると,国民はこうした上からのお説教をうけつけなくなり,無関心と反発心が広がった。1938年後半には国民を主体的に結集しようとする国民再組織ないし新党運動がおこったが成功せず,近衛内閣に代わった平沼騏一郎内閣は39年2月に国民精神総動員運動を〈官民一体ノ挙国実践運動〉として強化する方針を打ち出した。精動委員長荒木貞夫文相のもとで9月から毎月1日を〈興亜奉公日〉とし,前線の労苦を想う耐乏生活をおしつけたが,翌年7・7奢侈品(しやしひん)製造販売禁止令が出ると,8月の興亜奉公日には〈ぜいたくは敵だ〉の立看板をかかげて街頭に進出した。…

【淳風美俗】より

…わが国は家族制度を基礎として一大家族を成し,皇室は我等の宗家である〉と忠孝一致の家族国家観を強調した。この家族国家観が淳風美俗の中核をなすものであるが,大正年代,平沼騏一郎(当時,検事総長)は臨時教育会議(1917‐19)において,国民の思想統一を意図した建議案の説明の中で,淳風美俗として,〈上下の秩序を保ち,忠孝を重んじ,貴賤貧富の関係は情と親しみを基本とし,一国は一家の如くすること〉と説いている。臨時教育会議は寺内正毅内閣が設置したもので,その議事録にはロシア革命の成功,日本国内の労働争議,小作争議の激増,米騒動等,激しい社会の動きに対する支配層の危機感がありありとみられる。…

【新体制運動】より

…政党は翼賛会違憲の攻撃にのりだし,翌年初めの第76議会では政府からの補助金を大幅に削減した。そのため12月の内閣改造,41年4月の翼賛会改組で風見法相,有馬翼賛会事務総長らは退陣し,観念右翼の巨頭平沼騏一郎が内相となり,内務官僚や観念右翼が翼賛会の要職を占めた。翼賛会は政府の政策に協力するだけの公事結社であるとされ,行政補助機関に転落した。…

※「平沼騏一郎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

平沼騏一郎の関連キーワード石渡敏一大原昇岸本康通黒田越郎土屋信民野添宗三原夫次郎福田五郎宮崎晋一柳田宗一郎

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

平沼騏一郎の関連情報