コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

思す オボス

デジタル大辞泉の解説

おぼ・す【思す】

[動サ四]《「おもほす」の音変化》「思う」の尊敬語
お思いになる。お考えになる。
「そもそもいかやうなる心ざしあらむ人にか、あはむと―・す」〈竹取
心を向けて、大切にお思いになる。お目をかける。愛しなさる。
「童(わらは)なりしより、朱雀院の、とり分きて―・し使はせ給ひしかば」〈・若菜下〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

おぼす【思す】

( 動四 )
〔「おもほす」の転〕
「思う」の尊敬語。
お思いになる。お考えになる。 「御鷹、世になく賢かりければ、になう-・して/大和 152
心をお向けになる。愛しなさる。 「むかし、おほやけ-・してつかう給ふ女の、色ゆるされたるありけり/伊勢 65
心の中の動きを表す動詞の上に付けて、その動作主への尊敬の意を加える。 「いかさまにせむ、と-・しまどひつつ/源氏 若菜下

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

思すの関連キーワード有り有りし・在り在りし御填り・御塡り誤り・謬り生けやけし立ち出づ考える人至り深しなんめり気疎い枕草子ものの然しも御前達見顕す横取る朱雀院かめり然る事釣り故意

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android