コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

思わく/思惑 オモワク

1件 の用語解説(思わく/思惑の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

おもわ‐く〔おもは‐〕【思わく/思惑】

が原義。「惑」は当て字》
あらかじめ考えていた事柄。考え。意図。また、見込み。「なにか―がありそうだ」「―が外れる」
自分のしたことに対する他人の反応、評価。評判。「世間の―が気になる」
相場の変動を予想すること。また、その予想によって売買すること。
人に思いをかけること。恋心。
「何の―がありて、美形の女の方より、指爪を放しやるべし」〈浮・禁短気・二〉
思いをかけた人。恋人。情人。
「この―の心算用をすまさせいでは」〈浮・禁短気・一〉
《動詞「おもう」のク語法》
思うこと。
「あしひきの山は百重(ももへ)に隠せども君を―止む時もなし」〈・三一八九〉
(副詞的に用いて)思うことには。思うには。
「里見れど里も見かねて怪しみとそこに―」〈・一七四〇〉

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

思わく/思惑の関連キーワード当て字・宛て字予め見事啖呵野良甘み瓦落田圃頓痴気

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone