コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

積(も)り ツモリ

1件 の用語解説(積(も)りの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

つもり【積(も)り】

前もってもっている考え。意図。心ぐみ。「成功する積もりでいる」「怒らす積もりではなかった」
実際はそうでないのに、そうなったと仮定した気持ち。「死んだ積もりで働きます」「親の積もりで世話する」
予想して計算すること。見積もり。「積もりがはずれる」
酒宴で、その酌で終わりにすること。おつもり。「これで今晩は積もりにしよう」
積もること。重なること。
「人の心をのみ動かし、恨みを負ふ―にやありけむ」〈・桐壺〉
限度。かぎり。
「銀(かね)も使ふ―あるものぞかし」〈浮・俗つれづれ・二〉
[補説]13は「心算」とも当てて書く。
[下接語]御(お)積もり見積もり(づもり)粗(あら)積もり大積もり木積もり心積もり値積もり腹積もり胸(むな)積もり目積もり

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone