コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

急性呼吸窮迫症候群 きゅうせいこきゅうきゅうはくしょうこうぐん acute respiratory distress syndrome

2件 の用語解説(急性呼吸窮迫症候群の意味・用語解説を検索)

知恵蔵miniの解説

急性呼吸窮迫症候群

臨床的に重症の状態の患者に突然起こる呼吸不全の一種。肺の間質や肺胞腔に水分と細胞浸潤が起こり、血液中に酸素を取り込むことが損なわれ、呼吸不全となる。敗血症が代表的で、重症肺炎、粟粒結核(ぞくりゅうけっかく)、多発外傷急性膵炎、術後、輸血などに続き、急速に発症してくる死亡率が高い合併症である。症状としては、呼吸不全のための頻(ひん)呼吸、呼吸困難チアノーゼ、頻脈などが見られる2012年12月5日、歌舞伎俳優の中村勘三郎さんが食道がんの手術後、肺炎に罹患したのが原因で、同症候群を発症、直接の死因となり、にわかにこの疾患への注目が高まった。

(2012-12-6)

出典|(株)朝日新聞出版発行
(C)Asahi Shimbun Pubications Inc
本事典の解説の内容はそれぞれの執筆時点のものです。常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

急性呼吸窮迫症候群
きゅうせいこきゅうきゅうはくしょうこうぐん
acute respiratory distress syndrome

重篤な急性肺障害(ALI:acute lung injury)。略称ARDS。肺に基礎疾患がないにもかかわらず、敗血症、全身の外傷、肺以外の臓器の手術などによる外科的侵襲、出血性・細菌性ショックウイルス性肺炎や他臓器の感染症、誤嚥(ごえん)性肺炎、薬物中毒などの後に急性の呼吸困難を発症し、胸部X線写真で肺に浸潤影がみられ、動脈血液中の酸素分圧が低下して低酸素血症となる病態のうち、左心不全ではないものを急性肺障害と定義し、その重症例をARDSと分類する。肺胞組織だけでなく全身臓器にも損傷が及び、死に至ることも多い。1967年にペティThomas L. Petty(1932―2009)とアシュボーDavid G. Ashbaughにより報告された概念で、成人呼吸窮迫症候群adult respiratory distress syndromeとよばれていたが、未成年にも発症するため現在の名称になった。新生児に生じるものは特発性呼吸窮迫症候群(IRDS:idiopathic respiratory distress syndrome)とよぶ。治療としては、通常の酸素投与だけでは十分でないことが多く、呼気終末陽圧(PEEP:positive end expiratory pressure)をはじめとする人工呼吸管理と、気道分泌物抑制および気管支閉塞予防の目的で多価酵素阻害薬やβ2(ベータツー)刺激薬(気管支拡張剤)などの薬物療法も用いられているが、有効な根本的治療法は確立されていない。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

急性呼吸窮迫症候群の関連キーワード多臓器障害MOF起座呼吸水癌スキンバンク青天の霹靂炭肺突発的臨床的脳死診断ドミノ移植

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

急性呼吸窮迫症候群の関連情報