コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

性の心理学 せいのしんりがく psychology of sex

2件 の用語解説(性の心理学の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

性の心理学
せいのしんりがく
psychology of sex

性行動を研究対象とする心理学。性行動は生得的行動と学習性の行動とから成り立っており,またこれらの行動の発現はホルモン,脳機制,学習性あるいは無学習性の環境刺激など内的,外的諸要因の組合せに依存している。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

せいのしんりがく【性の心理学 Psychology of Sex】

イギリスの性科学者H.H.エリスの著作。1933年刊。彼はライフワークとして,大著《性の心理学的研究》全7巻を書いたが,それとは別に,一般読書人や医師のための性心理入門書として本書を書いた。ほぼ同時代のS.フロイトとは対照的に,事実の客観的な記述と組織的な性科学体系の樹立がこの本の特徴である。彼はオートエロティズム(自体愛),ナルシシズムなどの術語の創始者としても知られている。【福島 章】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

性の心理学の関連キーワードエリスジェフリーズハドソンイギリス巻イギリスの名車Miniバースデーの日ベートーヴェン:イギリスの歌「ルール・ブリタニア」による5つの変奏曲/piano solo《イギリスのスノッブたち》エリス,H.ハブロック・エリス,H.イギリス鞍 (English saddle)

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

性の心理学の関連情報