コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

自体愛 じたいあいautoerotism

翻訳|autoerotism

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

自体愛
じたいあい
autoerotism

狭義では,子供の早期の性行動をさすが,広義では,外に性の対象がなくて,もっぱら自分の身体にかかわりつつ満足を求める性行動をいう。 H.エリスやフロイトがこの言葉を使う裏には,彼らの人間の性に対する特別の考えがある。すなわち,各人が自分とは別の性をもち,その間に生殖的交換が行われるような全人的規模によって表現される性対象の選択は,人間の性愛の諸形式のうちにもともと生れつき備えられているわけではないという考えである。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

自体愛
じたいあい
autoerotism

精神分析の用語。自己や対象がまだ明確に存在しない段階での自分自身の身体に向かう性活動の様式で、性活動が身体ではなく自己に向かうようになるとナルシシズムになる。乳児は母親の乳房から吸乳することで自己保存の自我衝動を満たしているが、この満足が得られないと乳児は自らの指をしゃぶることで代理的に満足体験を再現しようとする。これが自体愛的行為の典型である。自体愛は、生理的要求を満たすものではなく、身体器官の活動、性感帯の刺激によっておこる快感を求めるものであり、また満足体験を幻覚的に再現しようとするものであることから、性的空想の起源ともなる。[川幡政道]
『マイケル・バリント著、森茂起・枡矢和子・中井久夫訳『一次愛と精神分析技法』(1999・みすず書房)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

自体愛の関連キーワードアブラハム(Karl Abraham)ヘンリー・H. エリス性の心理学肛門愛期対他性愛三愛