性善(読み)ショウゼン

デジタル大辞泉の解説

しょう‐ぜん〔シヤウ‐〕【性善】

天台宗の教義で、衆生(しゅじょう)が本来備えもっている本性としての

せい‐ぜん【性善】

人間の生まれつきの性質は善であるということ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しょうぜん【性善】

衆生しゆじようが生まれつきもっている善。 → 修善しゆぜん

せいぜん【性善】

人の本性が善であること。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

しょう‐ぜん シャウ‥【性善】

〘名〙 (「しょう」は「性」の呉音) =せいぜん(性善)

せい‐ぜん【性善】

〘名〙 人の本性はもともと善であるということ。⇔性悪
※旱霖集(1422)一・瞽殺人論「而要其帰只是道性善而称堯舜也而已矣」 〔孟子‐滕文公・上〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

公示地価

地価公示法(昭和44年法律第49号)に基づき、国土交通省が毎年1回公示する標準地の価格のこと。「住宅地」「商業地」「宅地見込地」「準工業地」「工業地」「市街化調整区域内宅地」「市街化調整区域内林地」に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

性善の関連情報