コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

性海霊見 しょうかい れいけん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

性海霊見 しょうかい-れいけん

?-1396 南北朝-室町時代の僧。
臨済(りんざい)宗。南禅寺虎関師錬(こかん-しれん)に師事し,その法をつぐ。康永2=興国4年(1343)元(げん)(中国)にわたり,帰国後,将軍足利義詮(よしあきら)にまねかれて京都三聖(さんしょう)寺の住持となり,ついで東福寺,天竜寺,南禅寺などの住持をつとめた。応永3年3月21日死去。信濃(しなの)(長野県)出身。俗姓は橘。号は不還子,昨夢など。著作に「性海霊見遺稿」「石屏拾遺」。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

性海霊見の関連キーワード焼却施設満蒙開拓青少年義勇軍専照寺鄭麟趾渋川満頼小笠原持長鹿島幹重渋川満頼道阿弥仁木満長