コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

性霊説 セイレイセツ

3件 の用語解説(性霊説の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

せいれい‐せつ【性霊説】

中国、清の詩人、袁枚(えんばい)らが提唱した説。性情の自由な流露と自然な表現を尊重した。王士禎の神韻説や沈徳潜の格調説と対立。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

せいれいせつ【性霊説 Xìng líng shuō】

中国,明代,公安派の袁宏道によって首唱された明代詩界を代表する詩論の一つ。前・後七子の古文辞派の格調説が詩情を拘束することを嫌い,《文心雕竜(ぶんしんちようりよう)》にみえる性霊の語を用いて詩人固有の真情を尊重し,独創性を重視せんと主張した。別派に鍾惺の竟陵派を生むが,清代に袁枚(えんばい)がさらに展開させた。それが空疎放恣に流れることを嫌った王士禎は神韻説を主張して反対した。山本北山,元政など江戸期の詩評界に与えた影響はきわめて大きい。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

せいれいせつ【性霊説】

中国の詩論の一。性情の霊妙なはたらきの発露を尊重する文学説。宋の楊万里が唱え、明の袁中郎兄弟によって発揮され、清の袁枚えんばいが一派を成した。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の性霊説の言及

【袁枚】より

…32歳で退官してからは,短期間の再就職を除いて,文筆業によりながら南京小倉山の別荘随園での生活を楽しむ一方,商業都市揚州などにも足しげく訪れ,多数の文化人と交遊した。その詩論は〈性霊説〉とよばれ,人間の自然な気持をすなおに表現することを説くもので,商人出身などの新しい文化人の考え方を代表し,王士禎の〈神韻説〉や沈徳潜の〈格調説〉に対立した。しかし明代の袁宏道とちがって学問を重視する点では清代の思潮の中にある。…

※「性霊説」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone