コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

王士禎 おうしてい Wang Shi-zhen

6件 の用語解説(王士禎の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

王士禎
おうしてい
Wang Shi-zhen

[生]崇禎7(1634).8.28.
[没]康煕50(1711).5.11.
中国,清の詩人。山東省新城の人。もともと士しんという名であったが,雍正帝の諱 (いみな) を避けて士正と改め,のち朝廷から士禎の文字を与えられた。字,貽上 (いじょう) 。号,阮亭 (げんてい) ,漁洋山人

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

おう‐してい〔ワウ‐〕【王士禎】

[1634~1711]中国、清代の詩人。新城(山東省)の人。本名は士禛(ししん)。号は阮亭(げんてい)・漁洋山人。銭謙益の影響を受け、神韻説を唱え、新鮮な雅趣に富む詩を作った。詩文集「帯経堂集」、随筆「池北偶談」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

王士禎【おうしてい】

中国,清代の詩人。山東省新城の人。号は阮亭,漁洋山人。唐の詩風を受け,〈神韻説〉とよばれる詩論により,限られた言葉のなかに無限の情緒を求め,自然と我が混然一体となる詩境を尊んだ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

おうしてい【王士禎 Wáng Shì zhēn】

1634‐1711
中国,明・清の鼎革を体験した銭謙益・呉偉業・顧炎武らの次の世代を代表する詩人。字は貽上(いじよう),号は阮亭,また漁洋山人。出身地新城の属する山東省が無抵抗のまま最初に清朝にくだったこともあって,新政権の文化政策に早々に吸収され,24歳で仕官してより71歳で刑部尚書(法務大臣)を免職されるまで順調な出世を重ねたが,その心情には常に割り切れなさがつきまとう。彼の23歳でのデビュー作である《秋柳》詩が当時の知識人の心をとらえたのは,失われた王朝への名状しがたい憂愁が歌われていたということのほかに,歌いかたのうえで,明末の鍾惺(しようせい)らの作風を反省し,古典的に精練された詩語と故事を点綴しながら靄のごときベールをひとかけするような朦朧たる表象の,清麗なリズムとあいまった新鮮な響きがあったことにもよる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

おうしてい【王士禎】

1634~1711) 中国、清代の詩人。本名は士禛ししん、字あざなは子真・貽上いじよう、号は阮亭げんてい・漁洋山人。神韻説をとなえ、その詩は清一代の正宗と称された。詩文集「帯経堂集」九二巻ほかがある。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

王士禎
おうしてい
(1634―1711)

中国、清(しん)代の詩人。本名は(しん)。雍正帝(ようせいてい)の諱(いみな)を避けて、士正と改名したが、乾隆帝(けんりゅうてい)から士禎の名を賜った。字(あざな)は貽上(いじょう)、号は阮亭(げんてい)、また漁洋山人。山東省済南府新城の出身。1658年(順治15)の進士。11歳のときに清兵が北京(ペキン)に入城し、明(みん)末清初の動乱を少年時代に体験した。長じて清に仕え、官は揚州司理、侍読(じどく)を経て刑部尚書に達した。晩年の銭謙益(せんけんえき)の知遇を得、朱彝尊(しゅいそん)とともに南朱北王と並称された。彼は清朝風の詩の確立者であり、その代表詩人である。清代の三大詩説では、神韻説の首唱者である。その出世作「秋柳」4首により、早くも象徴的で清麗な詩風を確立し、彼の政治生活と隔絶されたところで、やや人工的な感じを伴う平淡で静謐(せいひつ)な作品世界を展開する。言外に無限の余韻の残る禅的な境地こそ、その理想とするところである。この標準により彼の編集した『唐賢三昧(さんまい)集』では王維(おうい)、孟浩然(もうこうねん)をもっとも多くとり、李白(りはく)、杜甫(とほ)は選んでいない。これによって、どの詩人に神韻が多く表れているかを示した。彼は過去の詩論では、宋(そう)の厳羽(げんう)の『滄浪詩話(そうろうしわ)』をもっとも尊重する。書室を帯経堂(たいけいどう)といい、詩文集には『帯経堂集』92巻がある。古文と詞(し)もその得意とするところであった。名作を精選した『漁洋山人精華録』12巻が流布している。随筆集には『居易録』『池北偶談』、紀行には『蜀道駅程記』などがあり『漁洋山人全集』も刊行されている。[佐藤一郎]
『橋本循著『漢詩大系23 王漁洋』(1965・集英社) ▽高橋和巳注『中国詩人選集2集13 王士』新装版(1990・岩波書店) ▽福本雅一著『明末清初2集』(1993・同朋舎出版)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の王士禎の言及

【性霊説】より

…別派に鍾惺の竟陵派を生むが,清代に袁枚(えんばい)がさらに展開させた。それが空疎放恣に流れることを嫌った王士禎は神韻説を主張して反対した。山本北山,元政など江戸期の詩評界に与えた影響はきわめて大きい。…

【中国文学】より

…宋詩を学ぶべしとの主張者たちは,もっと自由な作詩者であるはずだったが,やはり宋詩の欠点の一つであった知的遊戯,機知の乱用が表現の抒情性をそこなうことがあった。清朝の王士禎が提唱した神韻説はこの両派の論争を正面から反駁するものでなく,作者の内心の平静からすぐれた詩が生まれるとする。彼は古典の模倣を排撃するのでなく,作詩者の心境を第一要件とするのである。…

※「王士禎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

王士禎の関連キーワードブランド体験銭謙益明夷待訪録経験値明・清労役未体験明刀記銘力朱鶴齢

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone