コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鍾惺 しょうせいZhong Xing

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鍾惺
しょうせい
Zhong Xing

[生]万暦2(1574)
[没]天啓4(1624)
中国,明末の詩人。竟陵 (きょうりょう。湖北省天門県) の人。字,伯敬。号,退谷。万暦 38 (1610) 年進士に及第,福建提学に進んだとき,親の喪にあって帰郷し,そのまま死んだ。同郷の譚元春とともに古詩および唐詩を選んで独特の批評を加えた『詩帰』 (51巻) を著わした。本書は清代に入って原詩を誤読した点などをあげつらわれたが,当時は大流行をみせ,いわゆる「竟陵派」の盛行をみるにいたった。帰有光らの「唐宋派」,袁宏道らの「公安派」とともに,当時の文壇に流行していた擬古主義に対抗し,詩は感情の率直な表現を重んじるべきだと主張した。作品は『隠秀軒集』に収められる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しょうせい【鍾惺 Zhōng Xīng】

1574‐1624
中国,明代末期の詩人,文芸評論家。字は伯敬。湖北省竟陵(天門)の出身で,万暦38年(1610)の進士同郷譚元春とともに《古詩帰》《唐詩帰》を編み,古来の注釈はいっさい無視して,独自の詩観による鑑賞と批評を縦横に加えた(竟陵派)。その体当り的な寸評と一種の暗さを帯びた感受性は当時の読者を魅了して,たちまちベストセラーになって版を重ね,多くの模倣書を生んだ。個人の文集として《隠秀軒集》33巻がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

しょうせい【鍾惺】

1574~1624) 中国、明代の文学者。字あざなは伯敬、号は退谷。擬古の文風に反対して幽深孤峭と評される独自の詩境を開き、竟陵派を形成した。詩文集「隠秀軒集」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鍾惺
しょうせい
(1574―1625)

中国、明(みん)末の詩人。字(あざな)を伯敬(はくけい)、号を退谷(たいこく)といい、竟陵(きょうりょう)(湖北省天門県)に生まれる。1610年(万暦38)の会試合格のおり雷思霈(らいしはい)を師と仰ぎ、公安派の影響を受けた。山寺にこもって深幽孤峭(こしょう)と評される詩境を開き、同郷の譚元春(たんげんしゅん)と著した『詩帰(しき)』が一世を風靡(ふうび)するに及び、竟陵派の首魁(しゅかい)と目された。行人(こうじん)並びに陪都南京(ナンキン)の閑職にあって、その主張とする真詩を求めて山水に遊ぶ一方、自らを人から遠ざけたため、のち銭謙益(せんけんえき)からは詩妖(しよう)、鬼趣と酷評された。父の死により福建提学僉事(ていがくせんじ)を辞職、帰郷するおり武夷山(ぶいさん)に遊んだことが在任中の科挙不正ともども弾劾され、晩年は不遇で、『楞厳経(りょうごんきょう)』に沈潜するに至った。その死は五戒を受けて断残と名のって3日後の1625年(天啓5)6月21日である。『隠秀軒集』32巻がある。[大塚秀高]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の鍾惺の言及

【竟陵派】より

…中国,明代末期(16世紀末~17世紀初め)に活躍した文学者のグループで,鍾惺と譚元春を代表者とする。ともに湖北省竟陵の出身。…

【中国文学】より

…これらに反対して宋詩のすぐれた点を見なおし,その長所を取り入れるべきだと論ずる人もあった。袁宏道(えんこうどう)(中郎)を中心とする公安派と,鍾惺(しようせい)らの竟陵(きようりよう)派とである。この論争は清朝まで尾を引く(日本では格調派と性霊派とよばれる)。…

※「鍾惺」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

鍾惺の関連キーワード古文辞派性霊説王士禎及第詩境

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android